急激にお腹が大きくなるとできる妊娠線|予防法を紹介します

発生のメカニズムとは

化粧品

保湿だけでは駄目な理由

妊娠線のトラブルは、昔は「妊娠や出産を経験したら、仕方がないこと」として扱われてきました。女性たちの中にも、あきらめの気持ちが大きかったのでしょう。その存在を公にする方も少なかったはずです。しかしトラブルが起きてしまったお腹は、非常に残念な印象になってしまいます。現代の女性たちにとっては、「出産したから」といって、到底受け入れられるものではありません、高度なケアが実践できる保湿アイテムが出回るようになったことで、妊娠線を作らずに乗り切ることも充分に可能となっています。妊娠線は、皮膚が急激に伸ばされることで引き起こされます。体重増加や胎児の成長に合わせて、お腹の皮膚はどんどん伸びていきます。表面的には大丈夫でも、問題は真皮。表皮のように伸びることができず、組織や線維が断裂してしまうのです。また妊娠中は、ホルモンバランスの変化にも対応しなければいけません。妊娠中に大量に分泌されるホルモンは、皮膚の新陳代謝を抑制してしまいます。いつもならターンオーバーで剥がれ落ちる皮膚も、再生しづらくなってしまうのです。妊娠中の皮膚は、ダメージが蓄積しやすい状況だといえます。妊娠線を予防するためには、保湿ケアを頑張るだけではなく、発生のメカニズムについても頭に入れておくと安心です。急激に体重を増やし、お腹を大きくすることは、禁物と言って良いでしょう。保湿ケアを頑張りながら、体重コントロールについても意識する必要があります。