急激にお腹が大きくなるとできる妊娠線|予防法を紹介します

発生のメカニズムとは

妊娠線は、皮膚が急激に引っ張られることで、真皮の組織や線維が断裂することで引き起こされます。またホルモンバランスの変化も大きな影響を与えています。保湿ケアを頑張ると共に、急激にお腹を大きくし過ぎない努力も必要です。

お腹

馬油で予防をする

妊娠線予防には専用クリームを使用する人がほとんどですが、最近では代用品で馬油を利用する人も多いです。これは、塗る時に少しマッサージをする方が皮膚に入り込みやすく、クリームよりも馬油を使用する方が効果があると考えられているからです。

妊娠のトラブルに備えよう

お腹

待望の赤ちゃんを授かったその日から、見た目に変化はなくても、女性の体は出産に向けて徐々に変わっていきます。お腹が大きくなって目立ってくるのは妊娠5〜7か月目くらいからですが、その頃に気になるのが「妊娠線」です。妊娠線とは、大きくなっていくお腹に、皮膚の真皮と呼ばれる部分が耐えきれず断裂を起こし、そこから毛細血管が線のように見えることです。個人差はありますが、雷のようにビリビリと赤く亀裂のような線が何本もできる人、お腹だけでなく足や手など全身に亀裂ができる人など様々です。残念ながら、一度、妊娠線ができると出産後も跡が残ってしまい消えることがないため、妊婦にとっては悩みの種となっています。7割の妊婦に妊娠線ができると言われていますが、では、どのような女性ができやすいのでしょうか。急激に大きくなっていくお腹に皮膚がついていかず断裂を起こすと述べたように、急速に体重が増え腹囲が大きくなった妊婦ほど妊娠線ができやすいと言われています。また、乾燥肌やアトピー体質の女性の肌も、弾力が少なく、肌の伸びが少ないために、真皮の断裂が起きやすいと言われています。こういった傾向から「規則正しい食生活を心がけ急激な体重増加をしないこと」「肌を乾燥から守るため保湿に気を配ること」が重要と言えます。肌の保湿を保つためには、クリーム等で肌を守ることが大切と言えます。一般の保湿剤やボディローションもありますが、やはり油分が多く含まれている妊婦専用のオイルがお薦めです。また、保湿はお腹が大きくなる以前から始め、たとえ妊娠線ができてしまっても、これ以上増やさないためにも保湿し続けることが大事です。オイルで肌を乾燥から守り、急激な体重増加を避ければ、大きくなるお腹に皮膚が悲鳴を上げることがなく、出産後もきれいな肌のママになれること間違いなしです。

クリーム

皮膚トラブルは保湿が大事

妊娠線は、大きくなるお腹に皮膚がついていけず、真皮に断裂が起こることでできる皮膚トラブルです。予防のためには、妊娠初期からのケアが重要です。保湿をしっかり行い、お腹が大きくなる前に、妊娠線のできにくい柔軟な皮膚を作っておきましょう。